Home > 本気の採用 > キャリアパス/div>

マキノ 本気の採用

キャリアパス

【1年目】 『やってみる』が仕事の一年目!

1年目

先輩社員の手伝いをしながら、建設現場に慣れてもらいます。 図面の見方・書き方、書類作成、積算、検査、保守・メンテナンス等、 場合によっては職人さんに混じって電線を引っ張ったり、 照明器具の取付けを経験してもらう事もあります。 『やってみる』が仕事の一年目です。


【必要な資格】

・第二種電気工事士

【2年目】 2年目の仕事は『失敗する事』

2年目

建設現場・電気工事の流れが大まかに理解出来る様になったら、自分の担当物件を持ちます。 まずは複雑な設備の少ない、小規模な物件が割り当てられます。 もちろん先輩社員が付き添い、フォローをしますが、工事の打ち合わせに参加し、 図面を作成します。

新人ではありながらも会社の代表として工事に携わる事になります。 当然、上手にはいきません。2年目の仕事は『失敗する事』です。


【担当物件】

・50所帯前後のマンション工事

【3〜5年目】 なんでも仕事に置き換える

3〜5年目

建物の着工〜竣工を経験して、仕事の流れが理解出来る様になり、 この業界の面白さを感じる頃です。同時に、「どうしたらもっと上手に仕事を進められるのか・・」という事に悩む時期です。 資格取得を求められる時期でもあり、多くの人が仕事の合間に試験勉強に取り組む時期でもあります。

この頃になると新聞に入ってる住宅のチラシを見ると、 その電気の図面を想像出来る様になります。
友人とテーマパーク等に出掛けると、天井の配管や照明器具の取り付け方の方に 興味がいってしまう時期です。


【必要な資格】

・第一種電気工事士
・一級電気施工管理技士
・消防設備士

【担当物件】

・100〜200所帯のマンション工事
・小規模の商業施設工事
・改修工事
・大型物件の工事補佐

【6年目以降】 会社経営に参加しよう!

6年目以降

基本的な工事が一通り出来る様になると、複雑な設備・大型物件の担当者に抜擢されます。 また、担当する物件の原価・資材・利益の管理も出来る様になり、会社経営に直結した考え方が必要となります。

人と接する事に魅力を感じて営業に興味を持つ人。
モノ創りに魅せられて技術を磨く人利益を追及して経営者の道へ憧れを抱く人。

マキノ社員の行先に決まりはありません。
個々が歯車ではなく動力である会社。
「でかいことやろう!」を合言葉にマキノ社員は成長していきます。


【担当物件】

・300所帯以上の大型マンション工事
・中規模以上の商業施設工事
・公共工事

仕事風景
研修・バックアップ