Home > 本気の採用 > 社員紹介 村上

マキノ 本気の採用

社員紹介

工事部 村上
たくさんの人が関わる仕事だから、
まずはコミュニケーション!!
新人の思い切りの良さを最大限使って、
毎日いろんな人と会話しています。
まずは仲良くなることからはじめる仕事。

工事部 村上

(2010年 新卒入社)

工事部 村上
仕事内容を教えてください。

先輩について現場を回ったり、竣工後1〜2年目の物件のメンテナンスや、CADというソフトを使っての図面作りが主な仕事です。
マンションやビルなど大型施設の建設現場には、電気関係のプロだけでなく、コンクリート屋さん、壁紙のクロス屋さんなど多業界の職人さんたちが集まっていて、全員が協力しながら作業を進めています。現場代理人が指揮をとるのは電気工事だけですが、どんな職人さんがいて、どんな仕事をしているかを知り仲良くなっておくことで、他の工事のことも考えながらスムーズに電気工事を進めることができるようになります。
現場にいるときは、普段から職人さんとコミュニケーションを取るよう意識して、自分から職人さんに声を掛けに行ったり、お昼ご飯を一緒に食べたりしています。たまに頑固な職人さんもいて、中々打ち解けられなかったですが、冗談を言って笑わせたりして少しずつ仲良くなり、お仕事の話やご家族の話を聞かせてもらえるようになりました。職人さん達と仲良くなることは、現場代理人の大事な仕事の一つです。

工事部 村上
仕事をする上で、心がけていることは何ですか?

ミスが起きないよう、どんな仕事をするときも最終確認には力が入ります。例えば施工現場では、配線は施工図の通りか、施工方法は適切か、先輩社員とともに一つずつチェックします。僕が実際に配線工事などをすることはないですが、職人さんの作業ミスがあれば、職人さんと一緒に図面を見ながらどこが違うかを確認して、直してもらいます。直しのお願いをするときは誠意を持って丁寧に伝えますが、職人さんの気質に合わせて「ちゃんとやってくださいよ〜」と若さを活かして冗談っぽく言ってみることもありますよ。僕はただでさえ普段使う日本語も勉強中なので(笑)、職人さんにお願いする時の言葉選びはとても気を遣っています。

工事部 村上
牧野電設の魅力は?

たくさんありますが、一番の魅力は先輩が優しいところです。どうしていいかわからず困っていると、声をかけて助けてくれます。記憶に残っているのは、施工図を画こうとCAD(図面制作ソフト)を使って自習していた時のことです。電灯設備図の入力方法がわからずパソコンの前で戸惑っていると、年配の先輩が「大丈夫か?」と話しかけてくれました。先輩から声をかけてくれたことで、僕も先輩に質問しやすくなり、そのおかげでソフトの基本的な使い方をマスターして実際の現場で使う施工図をスムーズに起こせるようになりました。
こんな風に、先輩からアドバイスをもらった時は、欠かさずメモ帳に書き留めています。入社当初から使い始めたメモ帳は半年で書き終わってしまい、何度も読み返しているからもうボロボロです。アドバイスの一つ一つに「早く一人前になってほしい」という先輩の想いがこもっていて、僕も先輩達の期待に応えたいと気合が入ります。


入社される方へのメッセージ

牧野電設は、新入社員のうちから施工図作りやメンテナンスなどの責任ある仕事を任せてもらえる会社です。仕事には専門用語や電設の知識が必要なので、最初は先輩や職人さんの話についていけず大変かもしれませんが、先輩達がわかるまで教えてくれますし、自分の頑張りしだいで現場を任せてもらえる時期が早くなるので、諦めないでがんばってください。